ヘアメイク事務所apache officialBlog平田幸夫

ヘアメイク平田幸夫official BLOG へアメイク.コスメ情報満載・美肌.健康.旅行・etc
(有)アパッシュ03-5795-0176 http://r.goope.jp/apachemanagement
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
コラーゲンを効果的に摂取するには?


コラーゲン食品(手羽先、フィカヒレ、豚足、すっぽん、
          サプリメント、飲料水・・・など)


手羽先、豚足、牛筋、鶏皮
手羽先は100g中のコラーゲンは約6g
豚足は100g中約30g
牛筋は100g中約32g
鶏皮は100g中約25g

だんとつコラーゲン量が豊富なのはすっぽん100g中35~40g

フカヒレ

100g中コラーゲンは約60gもありますが美味しく効率的で

すが金額的に高価なことが難点。


サプリメント

粉末、錠剤など様々な形態はありますが、自炊派なら粉末の

甘味がないタイプを選び食事に混ぜて摂取するといいでしょう。


飲料、ゼリー

粉末、ゼリー、飲料でも、吸収率は同じようなもので気軽に

簡単に水代わりに1本カバンに入れておけばOK


量より良質なアミノ酸をとることで摂取することにより

コラーゲンの生成を促しプルプル肌キープすることが

できます。
      

 

| 美肌と健康 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ヒアルロン酸

主な効果

肌を美しく保つ効果

関節炎や間接痛を予防、回復します

眼精疲労を緩和する

水分をたっぷり抱え込んで肌や目に
潤いをもたらす

ヒアルロン酸は、皮膚や軟骨、間接にある
ムコ多糖類の一種で、細胞を形成したり
細胞外液の水分を調節したりしています。
優れた保水力があり、皮膚に弾力性や
保湿性をあたえ、肌のハリとうるおいを
保つ働きをしています。
ヒアルロン酸が不足すると眼球疲労や
ドライアイなどのトラブルが起こりやすくなります。
ヒアルロン酸を補うことは、若い美肌や
体を維持することができます。

ヒアルロン酸はサプリメントなどでとってください。

ヒアルロン酸は、健康食品や美容食品・化粧品・
医薬品では、保水性や粘弾性などで特性が
生かされています。

赤ちゃんの肌がみずみずしく張りがあるのは
ヒアルロン酸を多く含んでいるからです。
保水力に優れるヒアルロン酸は、皮膚に潤い
を保つ化粧水、スキンクリーム、乳浴剤などに
使われています。
又、洗眼液、洗口液にも含まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 












































































































    

| 美肌と健康 | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コラーゲン飲食で補う?それとも肌につけるの?


まずコラーゲンの分子は大きいため、肌に塗っても吸収され

ないためコラーゲン食品を摂取することで補ってください。

ただしコラーゲンは良質のたんぱく質で食すると胃の中で

消化されほとんどアミノ酸という小単位まで分解されますので

少量のコラーゲンのみ細胞分裂して再生されるといわれています。

1日2,000〜5,000mgを目安に飲食することで十分です。
(多少個人差はあります)

******************************

体内でコラーゲンは飲食後いったん分解して再び合成が

常に行われており、1日に2000mgのコラーゲンが

破壊されております。

ですから最低でも同じ量の2000mgは補う必要があり

肌の柔軟性をより高めたい人は1日5000mg以上は

結果があらわれます。


化粧品に配合されてるコラーゲンは肌に浸透すること

なく皮膚の上で皮膜をつくり、乾燥を防ぐうるおい成分・

保湿剤でしかありません。

肌の上で小さくペプジト化されたとしてもコラーゲンは、

皮膚に吸収されず角質とともに洗い流されます。


個人差はありますが20代を境に若いコラーゲンは

徐々に減少しますので飲食で補うことです。










































































































   
 



 

| 美肌と健康 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
加齢でコラーゲンはどう減るの?


減りやすい部分


20代後半〜30代に差しかかったころから、若いコラーゲン

が減り始めます。

最も減りやすい部分は紫外線の影響を受けやすい顔で、

睡眠不足、喫煙などの生活習慣もコラーゲンを減らす

要因で、関節、髪の毛といった部分も若いコラーゲンは

減ります。

その中でも気になる部分が顔、紫外線を防ぎ毎日朝晩

念入りにスキンケアをすることが美肌を保つポイント

になります。


コラーゲンが減るとどうなるか?

衰えた肌

    真皮のコラーゲンが 古くなり、もつれた様な架橋という状態に

    なり新しいコラーゲンが作られにくくなるので量も減って弾力が

    なくなり、シワになりやすくなります。

若い肌

    真皮にはコラーゲンがたっぷりでベースである鉄筋がきちんとしているので

    新しい細胞が正しく作られているため、ぷるぷるの肌がたえずキープでき

    特別ファンデーションをぬらなくてもツヤのある肌でいることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



      

 

| 美肌と健康 | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
肝斑(かんぱん)

 
肝斑(かんぱん)とは30歳〜40歳の

頬や額などに左右対称に広がるシミで、

眼の回りに点々と白く見えるのが特徴です。

肝斑はホルモンシミとも言いわれ、最も治療

が難しいとされいる

紫外線、妊娠、皮膚への摩擦、精神的要因、

ヘアメイクの後処理などさまざまな要因が

考えられます。


後天性真皮メラノサイト

アザの一種で皮膚炎からくる色素沈着症があり

、かんぱんとよく似た症状があり、治療方法が全く

異なるので注意したください。





























































































 

| 美肌と健康 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
アミノ酸

アミノ酸

主な効果
疲労回復の促進
脂肪の燃焼を促す
筋肉の合成を活性化する

アミノ酸はタンパク質を構成する成分で、
筋肉や臓器酵素やホルモン、血液などを作る
働きをします。

約20種類のアミノ酸はタンパク質を構成しますが
そのうちの9種類は食事からしか補えないので
必須アミノ酸といわれて、アミノ酸の中でロイシン、
イソロイシン、バイリンはBCCAといわれ、筋肉で
タンパク質の分解を抑えて合成を促すため
アスリートに人気があります。

アミノ酸は運動の前後や食事とともにとるのが
効果的です。

タイプ的には
水なしでさらっと飲める顆粒タイプ
飲料タイプ

































































































              

| 美肌と健康 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コラーゲンの姿ーペプチドーアミノ酸

080427_0933~0001.jpg

コラーゲン

タンパク質の一種であり、アミノ酸が連なったポリペプチドが

3本の鎖が連なるらせん構造になっている。

大きさは約300ナノメートル=100万分の1mmで

このままでは大きすぎるため、肌に塗っても吸収されません。


ペプチド

コラーゲンが小さく分解されペプチド化されたもので、

中でもアミノ酸が3つ連なったトイペプチドと呼ばれ

るものは、大きさがコラーゲンの約1,000分の1。

コラーゲン合成を効率よくするための物質で注目されています。


アミノ酸

ペプチドがさらに分解された最小単位で大きさはコラーゲンの

約3,000分1。20種のアミノ酸があり、その数と結合の

順番によって、さまざまな種類のタンパク質が構成される。


以上のようにコラーゲン〜ペプチド〜アミノ酸と絶えず小さな

分子に分解され一部はコラーゲンとして体内で再合成されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



        

| 美肌と健康 | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コラーゲンは何でとるのが正解?


基本は食事。でもカロリーのとりすぎにつながるので、

サプリメントを上手に利用することです。

摂取源という意味では、どれもほとんど同じですが

、豚のコラーゲンは効果が高く、食べ物やサプリメン

トにしろ、断続してとることが大切です。

コラーゲンを多く含む食材としては動物の皮

手羽先、フカヒレ、牛筋、すっぽん

小魚の骨、トンコツスープにもたっぷり

含まれています。

粉末、ドリンク、錠剤など、サプリメントにも

数々の種類がありますが・・・

コラーゲンを効率よくとるには、食事を基本に

ライフスタイルにあったもので粉末、錠剤、

飲料でとるのがベスト!!!

ペプチド化されたコラーゲン含有サプリメントで、

同時に配合されている成分、価格、味などで好みの

付加価値を選び、毎日持続できるもので!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



       
 

| 美肌と健康 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
大豆イソフラボン

大豆イソフラボン
主な効果
更年期の体のさまざまな症状を和らげる。
ガン予防に効果的。
骨粗鬆症の予防に効果的。

大豆イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノール
、化学構造がエストロゲンと似た働きをします。
カルシュウムが骨から溶け出すことや、動脈効果の
予防など、エストロゲン減少によって起こる更年期障害
の緩和の効果があります。

エストロゲンが過剰なのきには、エストロゲンの働き
を抑え、乳がん発症のリスクなどを低下させる効果
もあります。美肌を維持するにも効果的です。

イソフラボンを多く含む食品
みそ、豆腐、しょうゆ、豆乳、納豆.......大豆製品全般

イソフラボンの取り方のポイント
大豆製品を定期的に食することで、補給できますが、
食する時間がなかったり、あまり取らない人は、
サプリメントをである程度の目安の量で補給して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



      

| 美肌と健康 | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
αーリポ酸


αーリポ酸(美容、ダイエット、デトックス)

主な効果
活性酸素の悪影響から体を守る。
糖の代謝を促進する。
体内の有害金属を排出する。


別名チオクト酸と呼ばれ、人間の体にもともと存在する物質で
以前から肝機能障害や糖尿の治療薬として使われていましたが
最近日本でも栄養補助食品に用いることが許可されました。


αーリボ酸は、高い抗酸化作用を持つことが大きな特徴。
抗酸化作用はビタミンCやEなどの抗酸化成分を再生させるという
特徴があり、棟分からエネルギーを作る過程で必要な酵素の動き
助け、糖分の代謝を促進する動きもあり、鉛や水銀など、体に
悪影響を与える有害ミネラルをつつみ込んで体外に排出させる
キレート作用もあります。
加齢とともに減って行きますので、年齢とともに補給して下さい。


多く含む食品
ほうれん草、じゃが芋、ブロッコリー、ニンジン、トマト、レバーなど

取り方のポイント
αーリボ酸は、水にも油にも溶けやすく、体外に排出
されいやすいのでこまめに補給することです。
1日約100mg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



         


 

| 美肌と健康 | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ