ヘアメイク事務所apache officialBlog平田幸夫

ヘアメイク平田幸夫official BLOG へアメイク.コスメ情報満載・美肌.健康.旅行・etc
(有)アパッシュ03-5795-0176 http://r.goope.jp/apachemanagement
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ドライスキン


ドライスキン

特徴

比較的きめが細かく、皮膚が薄く小皺ができやすい。
洗顔後、保湿クリームなどを付けないとつぱった様になる。
皮脂、汗の分泌、角質の水分が少ない。
毛穴が小さく非常に少ない。

メイクポイント

皮脂、汗の分泌が少ないため、肌を守る皮脂膜できにくいで
肌に大切な水分が皮膚から蒸発し、肌が乾燥するため保湿

効果のあるクリーム、乳液などを使用してたっぷりあまり

刺激せずにマッサージをして下さい。

肌の乾燥が進むと、肌荒れを起こすのでメイクの仕上がりが

粉っぽくなりやすいので保湿をしっかりするといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



             

| メイクアップ基礎知識 | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
体質的な敏感肌(アレルギー)

体質的な敏感肌

生まれつき皮膚の抵抗力が弱く、かぶれやすくタイプの肌。
摩擦に弱く赤くなりやすい。
紫外線に感じやすく炎症を起こし真っ赤になる。
アクセサリーかぶれ、アルコール、香料、ある種の油分の
不適・・・食物アレルギーなどがあります。

メイクポイント
メイク落としは特にやさしく丁寧に肌を強くこすらずに落して
ください。
マッサージはさけてなるべく刺激せずにメイクして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



      

| メイクアップ基礎知識 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
一時的な敏感肌

一時的な敏感肌

季節の変わりめ、精神的な悩み、過労、ストレス、生理中前後

妊娠、病中前後、睡眠不足、偏食、環境の変化・・・などが原因で

いままで使っていた化粧品が合わなく肌のトラブルが起こりやすい

状態があります。

まずは皮膚科の先生に診てもらってください。



メイクポイント

今まで使っていた化粧品でトラブルがあった場合は使用はやめて

ください、処分する必要はなくコンディションが整えば又、

使えますので大丈夫です。

又、使用するときはパッチテストをしてから使ってください。

皮膚科に行き一時的に医者の判断に従った化粧品を使って

見てください。

それ以外に新しい化粧品を使うときは肌に合うかどか確認し

なるべく自然化粧品を選ぶとよいでしょう。

肌を触れるときはやさしく〜やさしく、こすらずに丁寧にメイクして
ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




















































































     





 

| メイクアップ基礎知識 | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ノーマルスキン


ノーマルスキン

特徴 
                 
きめが細かい
毛穴は小さく目立たない
皮膚表面は、潤いがあり滑らかさがある

メイクポイント

肌タイプ別に見ると、理想的で健康な肌で必要以上に
ファンデーションを塗る必要はない。
新陳代謝、血液の循環もスムーズ、皮脂の分泌量と水分も
適当で、乳液の分量は少量でよい。

     

| メイクアップ基礎知識 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
オイリースキン

オイリースキン

特徴

きめが荒く、毛穴が目立ち顔全体が脂っぽく光って見える。べたつく
額,鼻、顎などは毛穴に皮脂がつまり、ザラザラしている。
鼻のあたまや小鼻の部分にブラックヘッド(ニキビ初期の状態で、
毛穴の皮脂が空気に触れて黒く固まったもの)がみられる。
ニキビ、吹き出物などができやすい。

メイクポイント

水分量は適当で、皮脂の分泌が多いためクリーム、乳液などは
少量でよい。

メイクが崩れやすく肌がくすみやすいので洗顔は泡をよく
立てこすらず丁寧に洗い流してください。
週に1回はローションパックをオススメします。
毛穴が開いている状態なので特に夏場、メイク前は念いりに
パッティングをオススメします。

    
 
| メイクアップ基礎知識 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コンビネーションスキン
コンビネーションスキン(乾性型、脂性型)

特徴
Tゾーンがきめがあらく、脂っぽい。

ニキビや吹き出物が時々でやすく、同時に

カサカサと粉を吹いたようにみえる。

脂性肌と乾性肌のふたつのタイプをあわせもつ肌。


メイクポイント
皮脂の分泌量と角質層の水分のバランスが、

取れていないために肌あれなどのトタブルをおこしやすく

日本人にも比較的おおく週に一回はポイントパックをしたり

マッサージなどでバランスをとるといいと思います。

ベースメイクは肌質に合った化粧水でよく拭き取り、パッティング

バランスを整えてください。


乳液orベースクリームは脂の多いTゾーン(額,鼻筋、顎)は、

量は少なめで、乾燥している部分は多めにしてバランスを

とるとベストです。
            
 
 

| メイクアップ基礎知識 | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ